地域人の交流が町を      豊かにする!  小  畑  貞  夫


by gogogoemon1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

一般質問を行いました。

平成23年度 第4回定例議会(一般質問)
今回も町民の方々の想いを発言させて頂きました。
その内容を掲載します。

被災後の防災対策への取り組みとその進み具合について
お伺いします。

今回の大水害は、私たち町民の心に大きな苦しみと悲しみを与えてしまいました。あの時の水の勢いに驚き、恐怖の中、逃げ惑い、情報が少ない状態で
不安な一夜を過ごしました。
一夜明け、被災状況を目のあたりにし、ただ、なすすべもなく立ち尽くすばかりでありました。
しかし、被災された方々は少しずつ現実を受け入れながら、失われた生活を取り戻すべく、復旧に立ち上がり一歩づつ前に進んでいます。
その間、被災地域では区長さんを中心に色々な問題を解決しながらボランティアの皆さんの力を借りながら復旧作業に奔走して頂きました。
もちろん、役場職員の方々も被災者に寄り添いながら頑張って頂きました。
あれから3ヶ月が過ぎ、行政も国や県と協議しながら各種の被災者支援策を講じています。議会も特別委員会を設置し、一日も早い復興に向けて取組んでいるところです。15日には知事と県議会、町執行部に対して意見書と要望書を提出したばかりです。
一方でダムの検証もしっかり行っていかなければなりません。
ダムの構造や河川工学などの専門的検証と規則などの運用的検証については具体的な問題を論議しながら進めていくべきで、感情論的な論議になることは適当ではないと思っています。少し時間がかかりそうですが、出来るだけ早急に結果を出したいと思います。
ところで、私の家からは被災した町営住宅などが見えますが、日に日に明かりが戻ってまいりました。「町営住宅に戻れることになりました。」とか
「今日、自分の家のお風呂でやっとゆっくりできました。」など、嬉しい話を頂いております。まだまだ、本当は大変な事があると思うのですが、それぞれの生活が始まりました。被災者のみなさんの重心が復興へと移っているのだと感じています。
すべての皆さんが、一日でも早く元の生活に戻れるように総力を挙げて取組まなければなりません。
しかし、その一方では災害に対する不安はぬぐえません。
今後発生が想定される災害に対する備えも行わなければなりません。
・・といっても、自然災害はたくさんあってそのすべてを対象にすることは
困難であると思います。
被災確率の高い災害と想定被害の大きな災害を考えてみると、大雨や台風・河川洪水などの風水害それから斜面崩壊や地すべり・土石流などの土砂災害
それと、今もっとも関心の高い地震だと思います。
今後、30年以内に巨大地震の発生する確率は、いろんな説がありますが、
【東海地震】80% 【東南海地震】60% 【南海地震】50%
といわれています。
これって高い確率なんでしょうか?
高そうだと感じるのですが、何だかピンときませんね。
それでは、私たちが地震以外の自然災害、事故など30年以内に遭遇する確率と比べてみると・・・
交通事故で死亡 0.2% 台風で死亡 0.002% ガンで死亡 6.8%
空き巣 3.4%などとなっていますので、かなり地震確率は高いと思わなければなりません。
ちなみに、国の中央防災会議での【東南海・南海地震に関する専門調査会】によると、本町が受ける想定震度は6弱となっております。
立っていることができませんね。
固定していない家具の大半が倒壊しドアなどが開かなくなり、耐震性の低い木造建築は、瓦が落下し建物が傾いたり倒壊するものもあります。

先日、被災者の方から「2度とこんな災害が起こらないようにしてほしいし、今回のような水害も心配やけど、地震も予想されるのでいろんな災害に対する防災対策も十分にしてほしいよ。」と話されていました。
復興に力を注ぐ最中にあっても、やはり防災対策や避難などの減災対策を早急に講じる必要があるのではないでしょうか。
あれも、これもで大変な時期ではありますが、町民の安心安全のため、町民の要望に答えていかなければならないのではないでしょうか。
早急に対策を講じることを要望いたします。
そうした中で、町は防災対策の観点から今回の災害について調査・検証を行っているのでしょうか。
また、その結果の取りまとめはどのようになっているのでしょうか。
今回の水害以外の災害についても新たな防災対策の構築を行わなければいけないと考えていますが、その詳細はどのようになっているのでしょうか。
計画中であれば、その進み具合はどうなっていて完了時期をいつと考えているのでしょうか。
お伺いします。

つぎに、町の観光施設の役割と町民への有益性についてお伺いします。

本町では、本年度から従来の公社運営から民間企業による指定管理者制度を取り入れ既存の観光施設の経営改善を図っております。
管理主体が代わっても、施設に対する基本的な趣旨は変わっていないものと考えております。
『ふるさと意識の高揚を図り生涯学習の場を提供することと併せて、地域の活性化を図るため、まちづくり拠点施設の公益的利用および効率的な運営をおこないつつ、町内にある豊かな地域資源を活用した新しい産業を創出するとともに、住民のコミュニティー活動と町民と都市生活者等との交流活動を推進し、もって地域住民の福祉の向上と山村地域の振興に寄与する。』
この、公社設立の目的に準じて今も変わることなく、町は指定管理者の指導監督を行っていると理解しています。
今、本町の観光施設を大きく分けると、温泉・宿泊・公園・教育・スポーツ・産品販売施設に分類できます。
これら施設は、合併前からそれぞれの町村で整備されたものばかりであります。
当時、これら施設整備に当たっては地域住民の意向を反映しながら整備してきたと聞いております。
そうした中で、現在本町にある多様な観光施設のそれぞれの役割をどう理解し運営を行っているのでしょうか。

今、長期総合計画の中間見直しが行われていますが、2008年の序論で
観光施設と産業の関係をこう述べています。
『産業の再生による地域経済の活性化と雇用の場の創出、地域全体の活力の向上に向け、特色ある農林業のまちとしての特性や多彩な観光・交流施設等を生かしながら、自立した産業の育成を進める』とあります。
観光・交流施設が地域経済に与える色々な効果を期待しているのです。
一方で、地域再生やまちづくり、福祉的な事にも大きく貢献することも期待されています。
観光客などが町に与える経済的な部分に期待する外向き施設と町民が憩いの場所として利用する内向き施設もあると考えます。
観光は、地域経済の活性化、雇用の機会の増大などあらゆる領域にわたりその発展に寄与するばかりでなく、健康の増進、潤いのある豊かな生活環境の創造を通じて町民の生活の安定向上に貢献できるものだと思います。
観光の発展を通じ、町民が誇りと愛着を持つことのできる活力に満ちた地域社会の実現を目指す必要があります。
私は、町民福祉の充実と町民の安定したゆとりある生活なくしては、観光の発展はないと思っています。
そこでお伺いします。
観光施設が生みだしている様々な波及効果は町民にどの様な有益をもたらしていると考えていますか。
町長の所見を伺います。


1つ目は、次に想定される災害への備えを要望しました。
復興が進み、住宅や農地が元通りになってきてますが・・・
また同じ様なことが無いとは断言できません。
b0205079_1056341.jpg

b0205079_10562486.jpg

県管理の道路や河川などの復旧工事は平成24年度で90%程度を完成させるそうですが・・・かなり難しい工事量となりそうです。
美山地区の河川は原形復旧では、同じような水害には対応できませんので・・・
今回は、河川の阻害物(岩などの出っ張り・河川沿いの農地など)を掘削したり、川原の砂利を撤去して河川自体の勾配を急にすることで流速を速め洪水水位を下げる対策も合わせて行います。
随分と風景が変わりますが・・・これも命や財産を守るためです。
致し方ありません。
防災対策の見直しも来年の梅雨時期までには完了します。

2つ目の質問は、再質問において美山地区の『猪谷の温泉療養館』について・・・
さらに質問をしました。
b0205079_1052669.jpg

今回の災害で『猪谷の温泉療養館』の裏山が崩壊して谷川をせき止め、その水や土砂がボイラー室に流入しました。
復旧に4200万円が必要とのことで・・・
今しばらく復旧を見合わせるそうですが・・・この事への地域住民の強い要望です。
年間8500人が入湯者があり1100人が湯治の為に宿泊しています。
ここの温泉に入りたい!!って訪れてくれています。
その事は、とても大切なことだと思います。
それに、福祉的要素の高い施設でもあり・・・
何とかならないかって考えています。
そう長い間、休止にはならないと思います。
[PR]
by gogogoemon1 | 2011-12-27 00:18 | 議員活動

カテゴリ

全体
議員活動
美山ふるさと会
仕事
自分の事
ペット
旅行
雑談
未分類

こんな人

ボランティアで地域活力のイベント計画運営に携わっています。
趣味は音楽で、バンド『姫風』を12年前に友人3人で結成し、ボランティア演奏や親父バンドコンテスト出場や各種イベントで関西空港の夏祭りにも参加しています。
2012年12月11日に南こうせつさんのコンサートでオープニングアクトとして前座をさせて頂きました。
 音楽以外では、高校からやっているサッカーが大好きです。今はシニアチーム『DE・SUN日高』に所属(背番号12)しています。
それから、物心ついた頃から走ってましてマラソンはフル・ハーフをはじめ色んな大会に出場しています。フルベスト3時間22分。そして、PC遊び・読書などなど

常に前へ前へ・・・60歳からやりたい夢もあるので楽しみです。
それが出来れば・・・ほぼ人生OKだと思っています。

最新の記事

7月の予定
at 2014-06-23 23:14
6月定例会での一般質問要旨
at 2014-06-23 22:59
6月の予定(事後報告)
at 2014-06-23 22:52
二期目が動く!
at 2014-05-15 23:29
5月の予定
at 2014-05-15 23:00

外部リンク

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

50代
日々の出来事

画像一覧